劇団Pinocchio 第10回公演 西遊記・再

こんにちは。中区上幟町
心からリラックスできる場所
悠和鍼灸院の三見です。

お休みをいただき、大阪に
行ってきました。
今回は友人の舞台を観劇しに!

 

あらすじ
天竺に向かい旅を進めてきた
三蔵一行であったが、後少し
と言うところで三蔵を
死なせてしまう。
三蔵が欠けたまま旅を続けるが、
行く手を阻む妖怪に敗北し
悟空達は散り散りに。
いつの間にか時は過ぎ、
悟空は三蔵の面影を持つ
少年と出会う。
これは旅の再開か、振り出しか?
天竺への旅は…?

あらすじ読んだだけで気になって
行きたくなりますよね。
5月くらいに連絡をもらって、
いつ行こうか悩んで。
大雨で交通機関の心配したりと
行くまではモンモンとしてました。

行ってみれば猛暑の大阪。
暑さと戦いながら会場へ。

劇場内の涼しさに救われ
楽しい舞台は気が付けば
2時間!!
本当にあっという間でした。

ぁ、こんな物語になるのね~
と噛みしめながらみてました。

今回友人は三蔵の面影を持つ
少年役。
衣装で見た目が違うのもあり
ますが、動きや話し方とかが
少年で本当に友人だろうか?
友人は確か女の子だったはず…
でも舞台上には確かに少年が!!
終演後声をかけたらやっぱり
友人は女の子でした。
マイクなんてつけてないのに
言葉が聞き取りやすくしっかり
届く声。
役で女の子も男の子も、性格も
変化する。
身近にこんな凄いことが
できる人がいることの幸せ。

友人の頑張っている姿、
楽しい2時間を明日への
活力にしたいと思います。

本当は舞台の感想を
感じたまま書き殴り
たいのですが、それは
また別の場所で…。

関連記事

  1. はじめまして

  2. 中国漢方ライフアドバイザー取得

  3. 土用の丑の日

  4. 試験日

  5. 料理

  6. バーベキュー